亜鉛が不足すると?

30代からの「牡蠣エキス」の使い方

亜鉛が不足すると?

牡蠣エキスに豊富に含まれている亜鉛。このミネラルが不足すると体の様々な不調をもたらすと考えられています。

 

○ 亜鉛の働き
亜鉛は体にある様々な酵素、細胞分裂、ホルモン生成とも関係があります。必須ミネラルのひとつですから、不足すれば体の機能が正しく行われなくなってしまうのです。

 

・ 細胞分裂に必要
私たちの体にある細胞はつねに新しいものと入れ替わっています。古い細胞が排泄され、新しい細胞が生まれ変わるのです。全ての細胞が入れ替わるのに必要な期間は数年ほどで、細胞を新しくつくるために亜鉛は使われています。

 

・ ホルモン生成
成長ホルモン、性ホルモン、甲状腺ホルモンなどホルモン生成に亜鉛が必要となります。亜鉛が不足すれば生理不順、男性なら精力減退などの影響が出やすくなります。男女の不妊症が増えているのも亜鉛不足と関係がるといわれています。

 

・ 味覚を正しくする
舌にある味を感じる器官は早いサイクルで細胞の代謝が行われています。亜鉛が不足すれば新しい細胞が作りだされませんから、結果的に味覚障害を引き起こします。

 

・ 免疫力を保つ
亜鉛は細胞を代謝させて傷の治りを良くしたり、風邪予防など免疫力とも関係があります。亜鉛はタンパク質や酵素の合成にも必要となるため、免疫細胞が正しく働くために必要となるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ